料理好きな息子とチップス作りに挑戦しました

保育園から帰宅後、ゴーヤチップスを作るか聞くと食べたがる息子。なので一緒に作ることにしました。冷蔵庫からゴーヤを出してくれ、水洗いしてくれる息子。ゴーヤを切りたがるが、年少の子どもにさすのは気が引けるが、やりたいと言う息子にスイッチが入ったら泣きわめく。それを、考えると出来なければやめるだろうと思いやらせてみた。さすがに難しいようで、半分にしたとのを種だけ取ってもらった。袋に調味料をいれスライスしたゴーヤを袋に入れ絡めてもらうと、ままごとみたいで面白いらしくご機嫌。揚げるのは、熱いのを理解しているようでやりたがらない。なので私が揚げて完成。味見をしていると息子も欲しがるのであげるとどんどんなくなっていく。今度は「ポテトチップスを作ろう」と言うとまた、ご機嫌な息子。じゃがいもを洗いスライサーでスライスしてもらう。年少だけあって、半分のじゃがいもをスライスするのにかなりの時間がいる。待ってると夕飯がいつになるか分からないので、機嫌をそこねないように交代してもらい、スライスしたじゃがいもを水でさらす。息子にお皿ににならべてもらうと「タンポポみたい」と発想が豊かすぎる。お皿をレンジに入れきつね色になるまでチン。これが美味しかったようで4回も作おかわり。野菜を食べない分これで食べてくれるなら良いかと思い、息子のために何度も作った。今度は、作ってもらえる日が来るんだろうかと思いながらも一緒に料理できる楽しみを味わった。全身脱毛サロン人気ランキング